MENU

着圧レギンスでかぶれた!かゆみ防止方法まとめ

ベルミスを履いています
フィッティン

足の疲れ、むくみを取る目的で着圧レギンスを履いていたらかぶれてしまった・・・。
無意識のうちに脚を掻いていると思ったら着圧レギンスが原因だった!
などのケースは珍しくないです。


また掻き過ぎて肌が赤くなり痛くなった、傷ができて跡が残ったといった経験がある人も、実は珍しくないと思います。
しかも、かぶれても履くのをやめると足の疲れが戻ってしまうのでやめられない、むくみ解消に着用が欠かせないというのもありがち。


実際に、履き始めた当初は肌触りが良くて快適だったものの、次第にかぶれが気になり始めて履けなくなったというエピソードはあるあるです!


かぶれさえなければと思うこともしばしばで、この悩みを抱えている人には本当に厄介です。

この記事では着圧レギンスを履いているとかぶれたり・かゆみが出てしまう方向けです。

着圧レギンスのかぶれ・かゆみ防止方法
  • レギンスを清潔に保つ
  • 着用後はスキンケア、保湿
  • 蒸れてると思ったら汗疹が出来るので着用時間を短くする
  • 洗替えように2,3着でローテーションする
レギンスは清潔に保ちましょう。
目次

着圧レギンスでかぶれた!かゆい!原因を把握しよう!

着圧レギンスでかぶれた、かゆいと感じることが多いのはふくらはぎで、ここが弱いようです。


すねまでかゆくなることもありますから、一方がかゆくなったらもう一方も覚悟する必要があるでしょう。
逆にふくらはぎから上はそうでもなく、気になるかぶれや我慢できないかゆみもあまりないです。


つまり注意すべきは着圧レギンスを履いている下部分で、すねから上です。
かぶれは最初はむずがゆいで済みますが、進行すると痛がゆいに変化したり我慢できなくなります。


こうなると着圧レギンスを脱ぐべきか判断に迫られますが、既に「細く見える、むくみ解消」などのメリットを実感しているので、脱ぎたくても脱げないわけです。
ひどい場合は広範囲に湿疹ができて、治るのに時間が掛かってしまうので、やはり避けられるなら避けたいものです。

かぶれ・かゆみの原因

着圧レギンスを着用することでかゆみの原因となるのは、汗による刺激が挙げられます。
汗をかくことで蒸れたり、雑菌が増えてそれらが肌に刺激を与えるというものです。


それから元々敏感肌で着圧レギンスの繊維が刺激となったり、特に敏感肌でなくても長時間着用し続ければかゆみの原因になります。


  • サイズが合っていないので繊維の摩擦が強い
  • 姿勢が偏ってレギンスがずれる
  • 安価なレギンスは繊維の質や製造方法が粗くかゆみの原因になる
  • 長時間着用している
  • 締め付けが強すぎる


上記の原因に心当たりがある人は、履く時間を短くしたり、サイズを見直した方が良いでしょう。

着圧レギンスのかぶれ防止方法

フィッティン

着圧レギンスのかぶれを防ぐには、肌を保湿して乾燥を防いだり、繊維の刺激を和らげるのが効果的です。

汗かぶれができてしまったら一時的に着用を中断して、回復に努めることをおすすめします!


これは蒸れが原因ですから、通気性の良い着圧レギンスを着用するか、蒸れたら一度脱いで汗を乾かすなどが必要です。
汗を吸収した着圧レギンスは雑菌が増殖しやすくなっているので、必ず洗濯をして清潔なものを履きましょう。


汚れもかぶれを引き起こす要因ですが、言い換えれば履いて汚れた着圧レギンスを洗うことが防止に繋がります。
ただし、乾燥が不十分だとそれがあせも、汗かぶれを引き起こすことになり得るので注意です。


肌に優しい刺激の少ない着圧レギンスを選ぶ、着用時間を短くするなども防止に役立ちます。

着圧レギンスでかぶれるまとめ!

着圧レギンスでかぶれるという話は珍しくなく、ふくらはぎを中心にすねまでかゆくなることがあります。


原因は汗による刺激、蒸れて雑菌が増えてそれも刺激になったり、敏感肌で刺激を受けやすいのも原因です。


長時間の着用、締め付けの強さも原因になりますから、これらを見直すことが防ぐことになります。
かぶれを防ぐにはまず保湿、それからかゆくなったら汗を乾かす、着用を中断するのも手です。


汗で汚れているとそれがかゆみを引き起こすので、洗ってしっかりと乾かすことです。


着圧レギンスは選び方も大事ですが、正しく清潔に使うこともまた、肌のトラブルを避けて快適に着用する基本となります。
肌に配慮している優しい商品もありますから、そのような商品を選ぶのも1つの方法です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる